勃起不全

勃起不全の症状

勃起不全とは

勃起不全とは勃起までに時間がかかったり、勃起したとしても途中で萎えたりするものです。

パートナーとの性交時で十分な勃起が出来ないために、性行為に対しての自信を失ってしまう事があります。

また勃起不全は勃起障害やEDとも呼ばれます。

EDは勃起機能の低下を意味しており、「Erectile Dysfunction」を略称したものになります。

勃起不全の症状

勃起不全の症状には重度のものから軽度ののものまであります。

性交の際に勃起が出来ないものであったり、勃起したとしてもすぐに萎えてしまうもの、また勃起に時間がかかるなど様々です。

勃起不全の症状として以下のものが該当します。

・興奮はしても勃起できない。

・勃起は出来るけども、時間がかかりすぎる。

・一瞬勃起できたとしてもすぐに萎えてしまう。

・勃起しても硬くならない。

・挿入まで出来ても、勃起状態を維持できずに抜けてしまう。

勃起不全でうつ病になる可能性

勃起不全になったしまったことで、性行為に対しての自信を失ってしまうことで、ストレスを感じてしまい、精神的ダメージを負うことでうつ病を発症させてしまう事もあります。

また1度性交で失敗してしまったことを原因で心因性勃起不全を引き起こしてしまう事もあります。

男性として女性に満足してもらうように頑張らなければと思いながら、性交を行うことはプレッシャーになりますし、失敗した時に自信を失い、自分自身を攻め立ててしまうことで、うつ病となってしまった方もいます。

性行為がすべてではありませんし、改善や予防方法は沢山あるので、いろいろな方法を試してみるようにしましょう。

勃起の仕組み

勃起の仕組みは、神経の伝達や血管、男性ホルモンの分泌が正常に働くことで正常な勃起となります。

勃起に影響してくるのが海綿体になります。

男性の陰茎は海綿体と呼ばれる組織で出来ており、平常時は海綿体は縮んでいますが、性的興奮や刺激を受けることで、海綿体の毛細血管に血液が大量に流れ込むことで、勃起できます。

硬い勃起を維持するためには、海綿体の毛細血管に血液を送り込み続ける必要があるんです。

ですが、加齢によって血液の循環が悪くなっていくことで、海綿体の毛細血管に血液を上手く循環させることが出来ずに、勃起の維持が難しくなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です