勃起不全

勃起不全の改善・予防

勃起不全の改善・予防

勃起不全にならないようにするために改善・予防方法について説明します。

勃起不全の原因は血液の巡りが悪くなることで、起きる症状になりますので、運動や食生活を見直すことで改善や予防を行うことが出来ます。

運動による勃起不全の改善や予防

運動で勃起不全の改善や予防としては下半身を鍛えることです。

一番下半身の筋トレにいいとされている「ダンベルスクワット」などがオススメになります。

ダンベルスクワットは大殿筋(お尻)、大腿四頭筋(太ももの前面)、ハムストリングス(太ももの裏側)を同時に鍛えることができるとされており、下半身の血液の循環を良くすることが出来ます。

ダンベルスクワットは下半身を鍛えるのに最も効果的とされていますが、負担が大きいので、間違ったやり方をしてしまうと、怪我の原因になってしまう事があります。

やり方には注意して行うようにしましょう。

食生活による勃起不全の改善や予防

食生活を変えることで、血液の循環を良くすることで勃起不全の改善や予防を行うことが出来ます。

血液がドロドロだと上手く結系が循環しないので、血液をサラサラにしてくれる食べ物を摂取するようにしましょう。

血液をサラサラにする食べ物としては「納豆、お酢、梅干し、イワシ、サンマ、ブドウ、玉ねぎ、わかめ、レモン、蜜柑」などがあります。

その他にも様々な食材がありますが、同じものだけを食べ続けるのではなく、栄養バランスも考えた食事を心がけることが重要です。

禁煙をする

勃起不全の原因になる煙草に含まれるニコチンには依存性があるので、すんなりと禁煙するのは難しいかと思います。

もし禁煙が難しいのであれば、禁煙外来をお勧めします。

専門医と相談して、自分に合う改善方法を提案してもらうことが出来るので、禁煙に近づくことが出来ます。

個人で禁煙を行う際には、ニコチンパッチなどを使用するなどして試してみるといいでしょう。

すぐに禁煙するのではなく徐々に改善していくのであれば、電子タバコなどに切り替えてみるなどして色々自分に合う禁煙方法を探してみましょう。

糖尿病の治療を行う

糖尿病の方は糖尿病で無い方の2~3倍勃起不全を発症しやすくなります。

また細小血管や陰茎の神経にダメージを与えてしまうので、糖尿病自体の治療を行うことが重要になります。

糖尿病の治療は内分泌代謝内科で受診することができ、今は糖尿病や生活習慣を専門としている開業医などでも可能です。

普通の内科では血液検査や尿検査で終わってしまう事があるので、糖尿病専門の所で専門医に診てもらうのが早いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です