勃起不全

勃起不全の原因

勃起不全の原因

勃起不全の原因としては血液の循環になります。

勃起するには陰茎の海綿体にまとわりつく毛細血管に血液を送り込むことで、硬い勃起を維持することができるのですが、血液を上手く循環させることが出来なければ、勃起を維持することは出来ません。

血液の流れを悪する「煙草」や「アルコール」、「運動不足」、「糖尿病」なども勃起障害を引き起こします。

アルコール

アルコールは飲み過ぎるとアルコール中毒になってしまったりして様々な問題を引き起こしてしまいます。

また上手く勃起のコントロールが出来なくなってしまいますし、動脈硬化となってしまい、血液の循環も悪くなり結果として勃起不全となります。

アルコールを飲み過ぎるといっても個人差があり、アルコールへの耐性が弱ければ、少量でも勃起コントロールが出来なくなることもあります。

適度なアルコールの摂取であれば、血行も良くなり、臓器の血管の拡張をさせることが出来るので、むしろ勃起コントロールはしやすくなるとされています。

煙草(タバコ)

煙草には老化を促進させる物質が含まれており、動脈硬化になりやすくなるので、アルコールと同様に勃起不全の原因になります。

また煙草はペニスだけでなくその他の機能に悪影響を及ぼし、身体の機能が正常に働かなくなることがあります。

煙草には血管を収縮させる作用があり、ED治療薬(バイアグラなど)を服用しても効果が薄れることがあります。

近年では禁煙外来を専門とする医療を進めてるところも多く、ニコチン依存症の治療が進んでいます。

禁煙時に起こるイライラやストレスを医師の指導により治療を行い、最終的に禁煙を成功させることが出来きるので、勃起不全の原因になる煙草をやめる為に禁煙治療を受けるのも1つの方法になります。

運動不足

運動不足により勃起の硬さが低下すると考えられています。

事務作業などで、下半身の筋力が低下し血液の循環が悪くなることで、勃起不全に繋がるとされています。

また下半身だけではなく、全身の筋肉や肺機能を向上させる必要もあります。

肺機能が低下することで、全身の血液を巡らせるポンプの働きが弱まってしまうので、有酸素運動や無酸素運動を摂り入れることも重要になります。

糖尿病

糖尿病も勃起不全の原因の1つとなります。

糖尿病により血糖値が高い状態が続くことで、細小血管がダメージを受けてしまい、陰茎への血液の巡りが悪くなってしまいます。

また神経にも障害を与えてしまい、性的興奮が出来なくなってしまう可能性もあります。

腎疾病研究所(NIDDK)の調査でも、糖尿病の男性が勃起不全になる確率は正常の男性と比べ2~3倍高いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です